公認会計士の道のり

公認会計士を名乗れるようになるまでの道のりは、1年や2年では不可能とされています。その為、そのほとんどの方が、独学は諦め、専門学校や公認会計士講座を利用することになります。または、大学や大学院にて経済学を学んでから試験に挑む場合もあります。

試験公認会計士になるには、まず筆記試験を突破しなければいけません。始めに、マークシート形式である「短答式」の試験を受け、合格した場合のみ、次のステップである記述式試験である「論文式」を受験することができます。会計に関わるあらゆる分野の知識を必要とする試験内容であり、会計学、監査論、企業法、租税法の4科目に加えて、経営学、経済学、民法、統計学の中から1科目選択となります。

この試験に合格後、現場での業務補助経験が2年以上必要となり、監査法人や会計に携わる企業に就職し、実務経験を積み、知識やスキルを身に着けていきます。この実務経験が終わった後、ようやく修了考査を受けて、合格したら晴れて公認会計士としての登録が許されます。こうして、公認会計士になるには、費やす時間は2年とも3年とも言われています。だらだらと勉強して無駄に時間を費やさない為にも、社会人講座を利用して、効率的に勉強することが大切です。

Pocket