公認会計士の資格取得

公認会計士の仕事について、実はあまり知られていないのが現状です。公認会計士になるには、国家試験に合格する必要があり、簡単になれる職種ではありません。しかしながら、キャリアアップを目指す方や、将来有益な国家資格ということで、毎年多くの方が国家試験にチャレンジしています。司法試験に並ぶ難関とも言われていますので、しっかりとした国家試験対策をして、長期的計画を立ててから取り組む必要があります。

公認会計士公認会計士の資格を取得したとして、どんな業務を行うことができるのでしょうか。その内容とは、「監査」になります。この監査とは、証券取引所に株式を上場している企業、または資本金5億円以上の大企業が、法律に基づいた経営をしているかどうか、第三者の立場から、厳しくチェックする機能を果たしています。企業の収入や支出について、財務書類を調べて、その内容について偽りや誤りがないか、徹底的にチェックが行われます。そうすることで、粉飾決算を防ぎ、経済活動の混乱やトラブルを陰から支えています

公認会計士としての活躍の場はどんどん広がっていて、公認会計士人気は高まっており、試験合格への道もより厳しくなっている中、どう勉強するかが資格取得への鍵となります。難関である筆記試験には、猛勉強をしなければ突破できませんし、その試験に合格しても公認会計士として名乗ることはできません。長い道のりを可能な限り短くする手段の1つに、社会人講座の利用があります。

Pocket