社会人講座を利用する

勉強公認会計士の資格取得の為に、学生のようにしっかりと勉強時間がとれる方以外にも、特に社会人として働きながら、受験に挑む方には、公認会計士の社会人講座の利用がお勧めです。公認会計士の過去問題を分析し、最新情報を取り入れ、公認会計士の試験にだけ特化してプロが作成したカリキュラムとなっており、大変役に立つ内容の講座になっています。もちろん時間のない人の為に、動画やDVD、試験対策用テキストに加えて、オンラインで質問を受け付ける等、社会人でもしっかりと学習ができるように考えられた講座です。現役に負けない勉強の環境作りには最適の講座と言えるでしょう。

公認会計士を目指すには、無駄な時間を費している暇はありません。モチベーションをいかに保ちながら、確実に合格へ向けて知識を吸収していけるかがポイントになります。現役学生でも、昼間は大学や大学院、夕方には専門学校と、ダブルワークをして受験対策をしている人もいる程です。それほど難関な試験ですので、中途半端な覚悟や環境では合格することは不可能です。試験について甘い認識は捨て、効率的に、身につく学習を行いましょう。活用できるものはしっかりと活用し、公認会計士になる為に最も有効な手段は何かを考えてみてください。

Pocket

公認会計士の道のり

公認会計士を名乗れるようになるまでの道のりは、1年や2年では不可能とされています。その為、そのほとんどの方が、独学は諦め、専門学校や公認会計士講座を利用することになります。または、大学や大学院にて経済学を学んでから試験に挑む場合もあります。

試験公認会計士になるには、まず筆記試験を突破しなければいけません。始めに、マークシート形式である「短答式」の試験を受け、合格した場合のみ、次のステップである記述式試験である「論文式」を受験することができます。会計に関わるあらゆる分野の知識を必要とする試験内容であり、会計学、監査論、企業法、租税法の4科目に加えて、経営学、経済学、民法、統計学の中から1科目選択となります。

この試験に合格後、現場での業務補助経験が2年以上必要となり、監査法人や会計に携わる企業に就職し、実務経験を積み、知識やスキルを身に着けていきます。この実務経験が終わった後、ようやく修了考査を受けて、合格したら晴れて公認会計士としての登録が許されます。こうして、公認会計士になるには、費やす時間は2年とも3年とも言われています。だらだらと勉強して無駄に時間を費やさない為にも、社会人講座を利用して、効率的に勉強することが大切です。

Pocket

公認会計士の資格取得

公認会計士の仕事について、実はあまり知られていないのが現状です。公認会計士になるには、国家試験に合格する必要があり、簡単になれる職種ではありません。しかしながら、キャリアアップを目指す方や、将来有益な国家資格ということで、毎年多くの方が国家試験にチャレンジしています。司法試験に並ぶ難関とも言われていますので、しっかりとした国家試験対策をして、長期的計画を立ててから取り組む必要があります。

公認会計士公認会計士の資格を取得したとして、どんな業務を行うことができるのでしょうか。その内容とは、「監査」になります。この監査とは、証券取引所に株式を上場している企業、または資本金5億円以上の大企業が、法律に基づいた経営をしているかどうか、第三者の立場から、厳しくチェックする機能を果たしています。企業の収入や支出について、財務書類を調べて、その内容について偽りや誤りがないか、徹底的にチェックが行われます。そうすることで、粉飾決算を防ぎ、経済活動の混乱やトラブルを陰から支えています

公認会計士としての活躍の場はどんどん広がっていて、公認会計士人気は高まっており、試験合格への道もより厳しくなっている中、どう勉強するかが資格取得への鍵となります。難関である筆記試験には、猛勉強をしなければ突破できませんし、その試験に合格しても公認会計士として名乗ることはできません。長い道のりを可能な限り短くする手段の1つに、社会人講座の利用があります。

Pocket